All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!









BLACKPINK / ジス (JISOO)

【21世紀に残したい名曲 Vol.006】 キャンディーズ / JUPITER (E.W&F)

これからご紹介するのは今から約40年前、1978年の映像です。当時、人気絶頂だったアイドルグループ キャンディーズは、これで解散となるラストコンサートを後楽園球場(現・東京ドーム)で行いました。その2曲目で歌ったのがR&B系ダンスミュージックグループとして、今も絶大な人気を誇り、K-POPにも少なからぬ影響を与えて来たEarth,Wind&Fireの「JUPITER」です。キャンディーズは高いボーカル技術と優れたハーモニーで聴く者を魅了...

2016
03

【21世紀に残したい名曲 Vol.005】 YMO / LOTUS LOVE

YMOが「君に、胸キュン。」の大ヒットでポップス路線に邁進したのは1983年のこと。この曲が収録されたアルバム「浮気なぼくら」の6曲目という位置で、 ひと際異彩を放っているのが、細野晴臣さんの独特のボーカルが光る「LOTUS LOVE」です。「LOTUS LOVE」はズバリ、中期ビートルズがバックボーン。全編に流れるメロトロン風のインストは、「Baby You're a Rich Man」のそれを思わせます。また曲を支配する雰囲気は「I am the Walr...

2016
03

【21世紀に残したい名曲 Vol.004】 Little Mix / Little Me

クラシックを基にしたポップスのヒット曲は多数あります。古くは名ジャズボーカルのサラ・ヴォーン「ラヴァーズコンチェルト(バッハ・メヌエット)」や、70年代のエリック・カルメン「All By My Self(ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番)」、そして日本ではザ・ヴィーナス「キッスは目にして(ベートーヴェン・エリーゼのために)」など、あげれば切りがないほどです。そうした多くの作品の中でも、格調の高さ、完成度の高さでお薦めな...

2016
03

【21世紀に残したい名曲 Vol.003】安田成美 / 風の谷のナウシカ

宮崎駿監督の作品としてあまりに有名な『風の谷のナウシカ』。この映画の音楽としては今では久石譲さんのピアノ&オーケストラ曲が広く知られるところですが、当時、映画のイメージソングとして制作されたのが安田成美さんが歌う『風の谷のナウシカ』。安田さんは決して歌唱力のある方ではありませんが、そのことがこの曲に奇跡をもたらし、唯一無二の作品となったのです。作曲は鬼才 細野晴臣さん、作詞は松本隆さんという、はっ...

2015
30

【21世紀に残したい名曲 Vol.002】山下達郎 / Sparkle

山下達郎さんは日本が誇る世界レベルのアーティストのひとりだと思います。かのブルーノ・マーズも山下さんをリスペクトしているようで、父親が日本で買ってきた「on the street corner」のカセットを気に入り、何度も聴いていたようです。一人ですべてのリミックスを行うスタイルを最高にクールだと思ったそうです。山下さんは多くの名盤を出していますが、その中でも極めて完成度が高いのが、1982年1月21日発売の『FOR YOU』です...

2015
15

【21世紀に残したい名曲 Vol.001】ノラ・ジョーンズ / Don't Know Why

今回から始まりました【21世紀に残したい名曲】のシリーズ。ここでは私が「これぞ!」と思う様々な名曲を、ジャンルを問わず、不定期に気ままにご紹介していきます。第1回はノラ・ジョーンズのヒット曲「Don't Know Why」です。実はこの曲、メロディーだけは知っていながらも、誰の何という曲かはまったく知りませんでした。ただ、いつも聴いているゆうせんのA-10でインストが流れていて、聴くたびに「いい曲だなぁ」と思っていま...

2015
08