All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

Secret ジウンが歌う、宇多田ヒカルの「First Love」の輝き

2015
02
jieun-07.jpg



“上手い”女性ヴォーカルの基準は、
いつからかガラッと変わってしまった気がします。


多分、それはホイットニー・ヒューストンの登場からでしょう。

彼女が現れてから、とにかく声量と音圧があって
聴く者を圧倒するようなヴォーカルが最高という見方が、
どことはなしにできていったように思います。

そして、数オクターブを操るマライア・キャリーや、
男性ばりの声量で圧倒するセリーヌ・ディオンなどの登場によって、
その傾向がダメ押しされ、すっかり確立してしまった気がします。



思えばホイットニー以前には、実に様々なタイプのヴォーカリストがいて、
それぞれのスタイルで聴く者を楽しませてくれていました。



例えばボサノヴァのアストラッド・ジルベルトなどは、
ささやくような抑えたヴォーカルですが、なんとも言えない心地よさがあります。








日本では伝説化しつつある、ちあきなおみさんは、
決して声量で圧倒するようなタイプではありませんが、
歌で詞の世界を紡ぎ出すように歌います。









“アメリカの美空ひばり”、バーブラ・ストライザンドは、
歌うというより演じているかのようです。









私は映画「ティファニーで朝食を」でオードリー・ヘップバーンが
窓辺で弾き語る、「ムーンリヴァー」が世界最強だと思っています。

moonriver.jpg



オードリーさんはテクニックも声量もありません。

映画「パリの恋人」では主演ミュージカルなのに、
歌は他者による吹き替えだったぐらいです。

「ムーンリヴァー」は巨匠ヘンリー・マンシーニが、
音域の狭いオードリーのために、ほぼ1オクターブの中に、
すべての旋律を収めています。







メロディを可能な限り上下させ、コードチェンジに変化をつけることで、
歌いやすく、尚且つ音楽としても飽きの来ないものに仕上げています。

しかし、これが功を奏して、オードリーさんの素朴で飾らない歌と、
完璧なメロディーが、他には変えがたい世界を作り上げているのです。






… 私がよく拝見するブログには、こんな記事が書かれていました。
共感するところが多く、勝手ながら一部、抜粋させていただきます。

http://ameblo.jp/ekoroji999/entry-11898831887.html




とにかくメインボーカルのジウンが最高で、あの年齢(満24歳)であれだけ歌える人はいないだろうと思った。韓国ではSistarのヒョリンとかエイリーとか、ホイットニー・ヒューストンの粗悪コピー(失礼!!)みたいなのが人気があるけど、本当に上手い歌手とはジウンのような歌手ではないかなと思う。

私にはヒョリンなどは、ただ単にでかい声で叫んでいるだけで、感情表現も何もあったものではないと思えるのだけど、ジウンは日本語の歌詞に対してもきちんと意味を考え、演じるように歌っている。






これを象徴するような録音が残されています。

2012年3月8日に東京で開催された、Secretのファンミーティングで
ジウンさんが歌った、宇多田ヒカルさんの「First Love」です。


ここでのジウンさんは終始ヴォーカルを抑え気味に運び、
主人公の切なさ、絶ちがたい思いを丹念になぞっています。

そして、気持ちが爆発しそうな場面では声量を上げ、
まだ恋人を思う主人公の感情を前面に出しています。

ジウンさんのヴォーカルは、先の管理人さんが言うように、
歌の心を大事にしたもので、繊細で細やかなのです。








少し前にジウンさんとAOAのユナさんが、水上運動会のような番組に
出演しているのを観ましたが、こんなことをしている場合じゃないのに…
と思ってしまいました^^;


ジウンさんとユナさんは声の相性がよさそうだから、
ふたりでデュエットを組んで、歌を制作する企画番組に
変えてほしいと思いながら観ていました(笑)

ユナさんもチョアさんに隠れて目立たなくなりがちですが、
私はチョアさんと同じぐらいに好きなヴォーカルのひとりです。




… 話がそれてしまいましたが、ジウンさんのような歌手や
ヴォーカルスタイルが、もっと評価されてもいいですよね!

いえ、そうあるべきだと思います^^







… しかし、ジウンさんはホイットニーのように歌えと言えば歌えるのです。

それをあえて抑えて歌う… そこがポイントなんです^^











* 現在発売中の雑誌「KSTAR MOVIE VOL.2」には、
昨年12月のジウンさんのアルバム リリースイベントの様子が掲載されています。

K-POPの女性グループの特集号で、ソロでこれだけページ数が
割かれているのはジウンさんぐらいです。

とてもいい写真がいくつも掲載されています。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。