All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

K-POPの今年の顔が大集結! 豪華なラインアップだったKBS「Music Bank Korea Sale Festa Special」

2016
01
160930-musicbank-005.jpg


K-POPの2016年を早くも総括するような豪華さだった昨夜の「MUSIC BANK


あまりのラインアップの豪華さに驚きました!

30日に放送されたKBS2「Music Bank Korea Sale Festa Special」には、
2016年に活躍したK-POPグループたちが大集結。
2時間近くにわたって華やかなステージで楽しませてくれました。


出演者はこのラインアップ!
60930-musicbank-025.jpg


会場はこんな感じ。
160930-musicbank-003.jpg

160930-musicbank-006.jpg


そして今回、気になったのがお客さんの層。
60930-musicbank-008.jpg


どう見ても、韓国のかたではなさそうですが… ^^;;
ほんとにここはソウル!?
60930-musicbank-020.jpg



では、順番にご紹介していきましょう!!


Wonder Girls - Why So Lonely
160930-musicbank-004.jpg


今回出演のガールズグループでは最もベテランですね。
メンバーチェンジを繰り返しながらも、楽曲制作、バンドへの挑戦、
そして今年はレゲエを取り入れるなど、常に前向きな姿勢で
トップランナーの地位を確保してきました。
後発のガールズグループたちが、学ぶべきことがあまりに多いレジェンドです。



DIA - Mr. Potter
160930-musicbank-001.jpg



DIAはチェヨンさんとケシさんを「PRODUCE101」に出して大正解でした。
今ではすっかりチェヨンさんはグループの顔ですし、
2人が合流してからのDIAは見違えるような上昇ぶりです。
売れるとまた、ちゃんと魅力的になるものなんですよね ^^



gugudan - Wonderland
160930-musicbank-002.jpg



初めてググを見た時は、正直「なんだこのコンセプトは~、
これじゃ、セジョンのボーカルが活かせないっ!!!」と内心、怒り心頭!? でしたが ^^;;
今ではすっかり、ただただ「可愛いな~」と眺めています、はい ^^ /

今回のMUSIC BANKI.O.Iとセジョンさん、ミナさん、チェヨンさん、ヨンジョンさんが
それぞれのグループとして顔を合わせるというレアな機会でもありました。
「101」で活躍したメンバーたちがこうして番組を形づくっているのですから、
やっぱり今年はあの番組だったな~と、つくづく感じています。



I.O.I - Whatta Man
160930-musicbank-005.jpg



一連のI.O.I関連の楽曲ではこの曲が一番ツボにはまっていい感じだと思います。
それまでとは一転したクールなイメージと楽曲が功を奏しました。
7人というメンバー編成もスッキリとまとまって見栄えよく、収まりがいいです。

このまま、この編成でいけばI.O.Iは間違いなく一定の成功を収め続けるでしょうが、
残念ながら、パク・ジニョン氏がプロデュースする次作が最後となってしまいます。
最後にとびきりの作品を期待したいです!!!



WJSN - Secret
160930-musicbank-007.jpg



今まで一度も触れてなかったですが、実はこの曲、今年のガールズK-POPでは
5本の指に入るぐらいのお気に入りです。
NINE MUSES が歌いそうなアイドルらしからぬ洒落た雰囲気がいいですし、
そこにK-POPならではの哀愁が加味されているのもいいです。

ヨンジョンさんもすっかりメンバーに溶け込んで、
グループになくてはならない顔になっていますね ^^
この放送ではカットされてますが、曲後半のヨンジョンさんの超ハイトーンは見事です。



AOA - Heart Attack
60930-musicbank-010.jpg

60930-musicbank-011.jpg
*ソルヒョンさんだけ、ラストカットが単独ショット ^^


今年のAOAは勇敢な兄弟と袂をわかって出した曲が、音楽番組で1位と勘違いされたり、
カムバックは2週間足らずで終わってしまったり、ソルヒョンさんのことがあったりと
ちょっと困難な年だった気もします。

でも、私にとっては8月の気の遠くなるような暑さの中、屋外イベントで嫌な顔ひとつせず
全力のステージを見せてくれたAOAの姿しか残っていません。
あのあとの「猫カフェ」でのメンバーも超かわいかったですね ^^



LABOUM - Journey to Atlantis + Shooting Love
60930-musicbank-012.jpg

60930-musicbank-014.jpg
*MCも務めたソルビンさん。



LABOUMはわかりやすいブレークはないものの、
一作ごとに着実に人気の足場を固めている印象です。
楽曲コンセプトにいい意味でこだわりがなく、
カムバックごとにまったく違った姿を見せてくれるのが魅力です!

今回は、ソルビンさんがMCを務めたのもあってか、
LABOUMは2曲を歌うステージになりました。



SONAMOO - I Like U Too Much
60930-musicbank-013.jpg



なんでもっと売れないのか不思議でならないグループ。
歌よし、ダンスよし、楽曲よし、非の打ちどころのない完璧さが、
かえって隙のないつまらなさにでもなっているのか… と考え込んでしまいます。

「I Like U Too Much」は今年のガールズK-POP BEST3に入るお気に入りです。
楽曲構成が完璧で、ミンジュさんと、特にハイディさんのボーカルが大きく活かされ、
スケールが大きく躍動感があって、観るたびに晴々とした気分になります。



MAMAMOO - NEW YORK
60930-musicbank-016.jpg

60930-musicbank-015.jpg



MAMAMOOに関しては、プロデューサーのキム・ドフン氏がコンセプトを構想した時点で
もう勝負はついていたんでしょうね。
唯一無二のグループカラーと音楽性。
一体、ファサさんのような人材を、どこから見出して来たのでしょうか?

完全に確立されたMAMAMOOブランドはあまりに強固で、
今後、少しぐらいのことがあっても揺るぎようがないほどのものです。
クールです、カッコいいです、何も言うことがありません... 。



Dalshabet - FRI. SAT. SUN
60930-musicbank-017.jpg



6年間活動を共にし、気心知れたメンバー2人が脱退して、
4人編成で気持ちも新たに歩き始めたDal Shabet。
チームとしてはやや苦しい状況ながらも、カムバックの新曲は前向きで
「ウィークデイを働いてがんばる女性たちに、週末になれば楽しい時間が待ってるよ」
という癒しのメッセージを届けたいんだそうです ^^
シンサドンホレンイ氏との再びのタッグで再起をめざしています。



Lovelyz - Ah-Choo
60930-musicbank-018.jpg



2PMファンの妹に「今年の日韓おまつりのシークレットはLovelyzだったよ!」
と興奮気味に話すと「Lovelyz? 誰だっけ、いっぱいい過ぎて分からない」と軽くあしらわれました。
そこで「Ah-Choo だよ!」と念を押すと「ああ、Ah-Choo ね」とやっと理解してもらえました ^^;;

多分、Lovelyzはその辺なんでしょうね…。
あとひと押し、何かがあれば... という感じなんですが、LABOUMと同じで浸透はしてるでしょうし、
このまま着実に進んで、あとはユン・サン氏に決定的な1曲を期待!というところですね。
でも、場所が日本であれば、実は人気はトップクラスなのかもしれません!? ^^



GFRIEND - Navillera
60930-musicbank-019.jpg


未だに先週の晴海客船ターミナルでの、ファンの怒涛の掛け声が耳について離れません。
あれ以来、GFRIENDを観ると、やっぱり「がんばってるかな~」と情がわいてしまいますね。
近くで観るGFRIEND は至純そのものの可憐な存在でした ^^

イベントでも大人気だったオムジさんが、今度初めてソロでOSTを担当するようで、
一体どういう作品になるのか、そちらも期待大です!!!




Red Velvet - Russian Roulette
60930-musicbank-021.jpg


この曲がリリースされた時に「Russian Roulette」は、
今年のガールズK-POPの楽曲 No.1候補だと記事を書きました。
あの時よりも、今はさらにこの曲に対する愛着がわいています。

聴けばききくほどに、そのよさが浸透してくるタイプの曲だと思います。
そして、何度聴いても飽きのこない楽曲です。
聴いているといい気分になります ^^



Girl's Day - Ring My Bell
60930-musicbank-022.jpg


昨年、この曲が出た時には「フィンガー5みたいで、やすっぽい」
というようなことを書いた気がしますが、今聴けば実によくできていて、
1位を獲ることを狙って周到に用意された曲であるとよくわかります。

2015年夏のガールズ大戦はレベルが高過ぎました。
結果として「Ring My Bell」は一度も音楽番組で1位を獲れませんでしたが、
リリースが今年だったらどうなっていたかわかりません。
多分、1位は難しくなかったことでしょう。




Apink - Only One
60930-musicbank-023.jpg


秋らしくシックで落ち着いた曲調で、音楽的には品の高さを感じます。
売ることだけを狙ったフックソングではなく、もっと心に届くものをめざしたのでしょう。
今までのApinkとは明らかに違う、ある意味挑戦ともとれる曲です。

作曲はTWICEやSISTARで知られ、今や最も勢いのあるブラックアイドピルスン。
いつもは8ビートの長調で軽快な曲調を得意とするピルスンが、
今回は初めて聴くような短調でミディアムな曲調を披露しました。

過去のApinkの曲にかなり寄せたイメージがあります。
もっとピルスンらしさを出してもよかったかな… という気もしないではありません。




Ailee - Don't Touch Me
60930-musicbank-024.jpg

ひとりだけ、アメリカの音楽番組を観ている気分にさせられる圧巻のステージでした。
近々、カムバックを控えているAilee さんですが、
今回は2014年のヒット曲「Don't Touch Me」を披露しました。

今年のAileeさんと言えば、2月の「人気歌謡」での、ルナさん、ウンジさん、ソラさんと組んだ
「DIVA Special」でのステージが忘れられません。
あの時の4人のハーモニーは、K-POPガールズ史上の最高到達点だったかもしれません。
今、思い出しても身震いするほどです。

DIVA-79.jpg


そのステージがあった直後、ソラさんはMAMAMOOとしてカムバック。
「You're Best at Everything」で、音楽番組で初の1位に輝いたのでした。



スポンサーサイト
スポンサードリンク

 MUSIC BANK AOA Apink Ailee MAMAMOO SONAMOO I.O.I gugudan Lovelyz

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。