All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

T-ARAが生まれ変わった... ハートフルな新曲「TIAMO」でカムバック "音楽チャートのランキングよりは歌がいいと言われたい"

2016
11
Tara-mcountdown-01.jpg


別人になって帰って来たT-ARA... 純粋なそのステージに感動


T-ARAが新曲「TIAMO」で前作「So Crazy」以来1年3ヶ月ぶりにカムバック。
10日のMnet「MCountdown」が音楽放送での初披露のステージとなりました。


Tara-mcountdown-02.jpg

Tara-mcountdown-03.jpg

Tara-mcountdown-04.jpg


実はこの曲、MV公開と同時にすぐに観ていました。
また、ショーケースなどでも接していたのですが、
正直に言って、「なんだか、パッとしない曲だな~」と記事を書くのもためらっていました。

イダンヨプチャギの今年の最高曲を期待していたこともあって、
内心がっかりだなぁと感じていたのです。


ところが!!!


Tara-mcountdown-05.jpg

Tara-mcountdown-06.jpg

Tara-mcountdown-07.jpg


「MCountdown」のステージをあまり期待しないで観ていたのですが、
メンバーの穏やかな表情や子供の無邪気な笑顔を見ているうちに、
薄っすらと目に涙さえ浮かんできました。

「あぁ、そういうことだったのか...」

と初めてメンバーがこの曲に込めた思いを理解した気がしました。


Tara-mcountdown-08.jpg

Tara-mcountdown-09.jpg

Tara-mcountdown-10.jpg


つまりT-ARAは今回の楽曲で1位を狙ったり、派手に話題をさらうより、
心に残る音楽を通して、ファンへの感謝の気持ちを伝えたいと願ったのです。

だから、過去のようなアクの強いフックソングではなく、
一見平坦で退屈に感じるような曲をあえて選んだのです。

この曲は完全に売ることを狙った曲ではないことは誰が聴いても明らかです。


Tara-mcountdown-11.jpg

Tara-mcountdown-12.jpg

Tara-mcountdown-13.jpg


メンバーはショーケース後のインタビューで次のように答えています。

ウンジョン 「これまではポンキのある音楽を披露してきたが、今回は淡白な雰囲気に仕上がった。
大衆には変身したように見えると思う」

ヒョミン 「最近のガールズグループに比べて私たちは年を取っているじゃないですか。
なので成熟さを見てもらいたい。同じ歌詞を歌う時も以前とは違うように感じられる部分があると思う。
音楽チャートのランキングよりは歌がいいと言われたい」

ソヨン 「今もT-ARAの歌を愛してくれる方々がいる。中国でもたくさんの方が愛してくれた。
すべてのファンに愛されるような歌を選んだ。中国語で歌を歌う時は発音が難しかった」

メンバー全員 「変身を図ったことに対するプレッシャーは当然ある。
しかし従来のイメージのままでカムバックしても不安だったはずだ。
ステージの大切さをさらに感じるきっかけになった」


Tara-mcountdown-14.jpg

Tara-mcountdown-15.jpg

Tara-mcountdown-16.jpg


T-ARAはこれまで、メンバーのいじめ問題や日本のコンサート代行会社の違約など、
イメージ的にはあまり良くない話題が続きました。

そのためか、後輩のDIAには、「T-ARAの妹と名乗らないように」と伝えてあるようで、
それほどに自分たちのイメージに対する自信も失くしているようです。

今回の楽曲はそうした過去も含めて、一度リセットして新たな気持ちで再スタートしたい
という気持ちの表れとも感じました。

ステージでの表情を観ていると、これがただのコンセプトではなく、
メンバーの心からの誠意を示していることが伝わってきます。


Tara-mcountdown-17.jpg

Tara-mcountdown-18.jpg

Tara-mcountdown-19.jpg

Tara-mcountdown-20.jpg


Mカのステージを観て、「TIAMO」は"退屈なつまらない曲"から、
"今年、最も価値あるガールズK-POP楽曲"へと捉え方が変わりました。

実は、「2016 ガールズ K-POP Most Heartful Song of the Year」として、
Apink ウンジさんの「Hopefully Sky」を考えていたのですが、
急遽、ウンジさんとT-ARAを同率のSong of the Yearとさせていただくことにします。

考えたら、どちらもイダンヨプチャギなんですよね…
イダンヨプチャギは今年は温かみのある楽曲がすばらしかったです。


Tara-mcountdown-21.jpg

Tara-mcountdown-22.jpg





T-ARAはカムバック前に、ファンにあてた直筆のメッセージを公開していました。

Tara-mcountdown-23.jpg

「みなさん、お久しぶりです~長らくお待たせしました。もう1年3ヶ月が経ちましたね…」

「12時間後にはようやく『TIAMO』がリリースされますが…非常に緊張しています。
待ってくれてありがとうございます…私たち、幸せな思い出をたくさん作りましょう!」



「TIAMO」はスペイン語で「あなたを愛しています」の意味です。

「TIAMO」についてメンバーは、「この曲がファンの方々への気持ちだと思います。
私たちの心が込められています」とコメントしていました。


참 다행이야 그대라서
本当によかった 君だから

이 사랑이 날 웃게 해서
この愛が私を笑顔にしてくれる

매일매일 그대란 꽃이 피어나
毎日毎日君という花が咲き

마음에 가득 그대로 채울래
私の心を満たしてくれる



「TIAMO」にはポイントダンスとして手話も取り入れられています。
Tara-mcountdown-24.jpg


ショーケース最後に世界中のファンからのメッセージに涙するメンバーたち
Tara-mcountdown-25.jpg


スポンサーサイト
スポンサードリンク

 T-ARA TIAMO カムバック 新曲 タイトル イダンヨプチャギ ジヨン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。