All About GIRLS' K-POP

TWICE/RED VELVET/GFRIEND/BLACKPINK/MAMAMOO/OH MY GIRL/WJSN/LOVELYZ/APRIL/GUGUDAN and more!!

初心者のためのLOOΠΔ(ルーナ)講座 ...TWICEからK-POPに興味を持ち始めたあなたに

2017
03
Loona-world-879.jpg


先月24日、TWICEの6月日本デビューが発表されて以来、日本でのK-POP事情がにわかにあわただしくなってきました。巷ではTwitterでもTWICEに関するツイートが激増し、アカウントをたどるとTWICE以外のK-POPにはまったく触れていないということが多々あります。

また、今までK-POPの話など一度もしたことのない知り合いが突然、「テレビで観たよ、今度日本でデビューするんだって?けっこう可愛かったよ。」などと言ってきて驚いたこともありました。

このようにTWICEをきっかけにこれまでK-POPに興味がなかった方が、YouTube動画を観るなどしてお気に入りのグループや曲を探すと言うケースも多いようです。こちらにも「初心者ですが何から聴いたらいいですか?」とメールをいただくこともあります。

そこで今回は、TWICEをきっかけにK-POPに興味を持ち始めたあなたに、私が一押しのガールズグループをご紹介したいと思います。それは、昨年10月に1人目のメンバーが公開され、以来、毎月ひとりずつ新メンバーが追加で公開されているLOOΠΔ(ルーナ)というグループです。


Loona-world-880.jpg


LOOΠΔ(ルーナ)は既成のガールズグループの概念が一切当てはまらない、例えるもののない異質なグループです。ですが、その音楽は芸術性に富み、感動的で美しく、「K-POP」や何かといったジャンル分けが、まったく意味をなさないすばらしさをもっています。

パリ、日本、ロンドン、アイスランドや台湾など、世界を舞台に撮影されたミュージックビデオのクオリティも高く、音楽と映像を統合したイメージから伝わる世界観は独特でLOOΠΔならではのものです。もはやガールズグループやアイドルといったカテゴライズさえどうでもよく思えてきます。

また、これまでテレビなどの放送活動が一切なく、知る人ぞ知る孤高の存在であることもユニークです。

「初心者にお薦めのK-POPを教えてください」と聴かれた場合、普通ならTWICEを始め今を時めくGFRIENDやRed Velvet、BLACKPINKといったグループをご紹介するのが筋でしょう。しかし、こうしたグループはYouTube動画を観ていれば自ずとたどり着くので、ここではあえて、そうしたネットサーフィンではたどり着かないであろうグループをご紹介することにしました。

ですが、お読みいただいて、決して後悔させない自信があります。


Loona-world-810.jpg


LOOΠΔは2016年10月以来、メンバーがひとり公表されるごとに、そのメンバーのソロ曲が1曲ずつリリースされてきました。現在、明らかになっている5人のうち4人が、それぞれのソロ曲を持っています。そしてそのソロ曲こそが、LOOΠΔの音楽の神髄です。

ここでは4曲あるソロ曲のうち3曲に絞り、焦点を当ててみたいと思います。


LOOΠΔ ヒョンジン / 「Around You」 Original Film Ver.



私がLOOΠΔにハマるきっかけになった曲です。10分を超す長尺の映像ですが、この動画はミュージックビデオというより、一編の短編映画を観るつもりで、音楽と映像に身を浸す感覚で接するのがいいと思います。

流行りの曲のような派手なインパクトやこれ見よがしのフックもない。広く大衆にアピールして大きな反響を得ようという目論見もない。けれど根底に流れるのは音楽や映像に対する純粋な愛で、初期ジブリ作品を観ているような、やさしくあたたかな気持ちになります。

ソロで歌うヒョンジンさんの外連味のない、いい意味で朴訥としたボーカルも最高。心にしまっておきたい大切なショートフィルムとして、大事に手元に置きながら、思い出してはまたゆっくりとその世界に身を浸したい ...そんな作品です。



LOOΠΔ ハスル / Let Me In (少年、少女)



K-POPのミュージックビデオで震えるほど感動したのはこの曲が初めてでした。忘れもしない、年の瀬も差し迫った昨年暮れの12月半ばのある夜、私は0:00きっかりに公開されるこのMVを観て、そのまますぐ寝るつもりでした。

しかし、一度観て気になり、二度観てさらにもっと気になりと繰り返すうちにどんどん引き込まれ、気づけば薄っすら夜が明け始める頃まで夢中になって観続けてしまいました。少女が少年を撃つシーンでは、何度観ても涙がとまりませんでした。この曲には、人間の深層心理の奥の奥に働きかける特別な力があると思いました。

なぜ泣けるのか自分でもわかりません。またわかりたいとも思いません。ただ、表層の意識の言語を超えた、もっと奥深い部分にある、言葉にならない孤独感や悲しみに光をあててくれるような感覚になるのです。そして聴き終わったあとは、とても穏やかな気持ちになります。



LOOΠΔ ヨジン / Kiss Later (キスはあとで)



グループの末っ子であるヨジンさんはまだ14歳のおてんば娘。バブみが残る赤ちゃんアイドルとも呼ばれ、LOOΠΔのマスコット的な存在として愛されています。巷では「ヨジンは私が育てる」という、“ヨジンの母”を名乗るファンが急増しているとか!?

パフォーマンスはまだまだこれからのヨジンさんのボーカルは屈託がなく、無邪気に歌って踊る姿には子供の運動会を見るような微笑ましい気分になります。

ですが、音楽的にはとてもよく作り込まれた曲で、曲の構成やアレンジなど、音楽通が聴いて思わずニヤケるような小技が随所に仕込んであります。KARAのプロデューサーとして知られるSWEETUNEの元で学んだファンヒョンさんの傑作です。

ファンヒョンさんが現在所属するプロデュース集団MonoTreeはLOOΠΔの音楽ともつながりが深く、最初にご紹介したヒョンジン さんの 「Around You」も、MonoTreeのイ・ジュヒョンさんが手掛けています。MonoTreeの音楽制作に対する開かれた考え方は、そのまま型にとらわれない作品を生み続ける、LOOΠΔ側の在り方に通ずるものがあるかもしれません。


Loona-world-877.jpg


現在、K-POPガールズグループには大幅な世代交代の波が打ち寄せています。これからK-POPを聴いてみようという方にとっては、K-POPに対してひとつの固定イメージみたいなものがあるかもしれません。しかし多分そのイメージはすでに過去のものです。

2017年現在のK-POPの世界では、今回ご紹介したLOOΠΔのようなグループや、MonoTreeのような新タイプの作曲家チームが台頭しつつあります。また、大人気のTWICEやGFRIENDなどのグループも、過去のガールズグループとは明らかに違うスタイルを持っています。

ひと口にK-POPと言っても、その音楽的な傾向は実に様々です。J-POPと同じでロックもあれば、シンプルなアコースティック系の音楽もあります。ご紹介した作曲家のファンヒョンさんはJ-POPをよく聴き、自身が好きだというMISIAさんに楽曲提供をするなど、実はK-POPとJ-POPには密接なつながりもあります。みなさんも気づかないうちに、K-POPの作家が作曲した楽曲を耳にしているということもあるかもしれません。

ですので、一度先入観や固定のイメージを取り払って、シンプルにいい音楽を見つけようという気持ちで、気軽にK-POPに接してみることをお勧めします!!

スポンサーサイト
スポンサードリンク

 LOOΠΔ 이달의 소녀 여진 ヨジン ヒジン ハスル 하슬 ヒョンジン 현진