All About GIRLS' K-POP

TWICE/RED VELVET/GFRIEND/BLACKPINK/MAMAMOO/OH MY GIRL/WJSN/LOVELYZ/APRIL/GUGUDAN and more!!

今月の少女 1/3(LOOΠΔ 1/3) 初めてのロングインタビュー Part2 [個人編]

2017
14
Loona-world-974.jpg


今月の少女 1/3(LOOΠΔ 1/3) が初めて自分たちの素性について語ったインタビューの[個人編]です。

ここではより具体的な生活ぶりや家族構成などが語られています。神秘のベールに包まれ、手の届かないイメージが強かったメンバーたちを、より身近に感じることができる内容です。



今月の少女1/3」ヒジン「特有の才能でお姉さんたちの夢まで達成します」


Loona-world-1111.jpg

「お姉さんたちが成し遂げられなかった夢まで私達が達成します」

今月の少女初ユニット「今月の少女1/3」で活動を開始するヒジン(18)の覚悟だ。三姉妹の末っ子。姉は、大企業、バイオ関連会社の研究者であり、第二の姉も大学でバイオを専攻している。ヒジンが姉妹の中で「突然変異」ではない。姉はダンススポーツを続けて学んだ。第二の姉はしばらく歌手の夢を持った。今ヒジンに最も心強い援軍が姉である。

幼い頃からダンスが好きだった。本格的に歌手という夢を持った後、中学校1年生の時、論山でダンスを学ぶために学校に通うほどの情熱を燃やした。しかし、キャスティングオーディションはいつも落選。 2015年、父が停止するように反対していた刹那、運良くSNSを介して現在の所属事務所のブロックベリークリエイティブにキャスティングになった。 1年ほど練習生生活をした後、今月の少女メンバーでは最初に確定した。

「嬉しいながら、他の練習生たちに申し訳ない思いも大きかったです。あまりにも実力がある練習生が多かったんですよ。」

ヒジンは、自分が最初のメンバーに抜擢された理由で「才能」を挙げた。カメラの前に立つと雰囲気、表情が変わるという話をよく聞いた。

それでも毎月一人ずつ新しいメンバーが公開されている今月の少女で、12人のメンバーの中で最初のメンバーになるのは負担が少なくなかった。ヒジンは「私は最初のメンバーとして出て、果たして今月の少女がデビューすることができるか心配しました」と打ち明けた。しかし、ヒジンは、自分のソロデビュー曲「ViViD」のミュージックビデオで魅力的な外観はもちろん、独特の音色とかわいいダンスまで披露し、最初のメンバーの資格を証明した。

「どうせデビューをするのだから、大韓民国最高のガールズグループになりたいです。また、誰かの夢になる歌手を目標にしたいと思います。」

ヒジンは今月の少女1/3メンバーとして、ユニットのアルバムのタイトル曲「今、好き」で12日、SBS「人気歌謡」を皮切りに本格的な活動に突入する。



「今月の少女1/3」ヒョンジン "自信に満ちた母胎美女"


Loona-world-1108.jpg

すでに昨年11月、今月の少女2番目のメンバーとして発表したソロ曲「Around You」とミュージックビデオに魅力と「才能」を確認させたヒョンジン(18)。一言一言に迷いはなかった。肯定的なエネルギーが伝えられた。カメラの前で震えもほとんどなかった。

すでにTVを通じて顔を知らせていた。過去2013年tvNの芸能番組「きっと、うまくいく」に出演した。母胎美女(生まれたままの美女 - 整形などのない)特集だった。兄が「試してみろ」と勧めてサポートをし、面接後に出演を確定した。この番組に出演した後、現在の所属事務所の連絡を受けた。その過程でも、やはり迷いはなかった。

小学校5年生の時、修練会に行って友達と舞台で踊ったのがアイドル歌手を夢見る契機になった。父は建築業に従事しており、母は主婦だ。兄はバンドBi-o-neのメインボーカル兼作曲家、弟は演技学院に通って演技デビューを準備している。芸能人の家族である。 「やりたいことをしなさい」とサポートしてくれる親のおかげで、子供たちは希望の夢を育てることができた。

3年以上の練習生生活をした後、今月の少女メンバーに抜擢された。やめたいと思ったこともあった。実力が自分の思うように伸びなかったからだ。しかし肯定的な性格で少し前にそれを克服をして、最終的に実を得た。

「メンバーになった時は信じられませんでした。まだ『私は本当に歌手になるの?』そんな気がしたりしています。でも今の活動を開始したから、大衆に模範的な姿を見せられる歌手になります。」

ヒョンジンは今月の少女1/3メンバーとしてユニットのアルバムのタイトル曲「今、好き」で12日、SBS「人気歌謡」を皮切りに本格的な活動に突入する。



「今月の少女1/3」ハスル 「歌手の道を作ってくれたのは、音楽の先生」


Loona-world-1110.jpg

音楽の先生の「青少年歌謡祭」出場推薦が、高校生だった少女の人生の転機になった。新人ガールズグループ今月の少女の最初のユニット「今月の少女1/3」で活動を開始するメンバーハスル(21)の話だ。

ハスルは声楽の大学に進学するための準備をした。しかし、高3だった昨年(米国では1年の勉強をして帰ってきて卒業が遅れた)音楽の先生が「青少年歌謡祭に出場してみよ」という誘いをした。入賞はなかったが、今の所属事務所ブロックベリークリエイティブに練習生としてキャスティングになった。

ハスルは「小学生の時、合唱団の活動をしながら舞台で歌をうたうのがとても楽しいと感じました。それで夢になった」とし「大学で声楽を専攻しても、ポップオペラなどのポピュラー音楽との中間点を見つける夢を広げようとした。歌手になることに悩みはなかったです」と述べた。

1年余りの練習生生活を経て、今月の少女メンバーに抜擢された。ハスルは「私より実力がある練習生が多く、デビューをすることができるかどうか心配が多かったです」とし「メンバーに選抜された時は泣きました。ミュージックビデオ撮影に行く前日まで、『私はデビューするつもりですが本当にそうなんですか?』とスタッフに聞いてみた」と当時の感激を伝えた。

「やりたいことはして生きなければならない」とし、応援してくれる父が心強い後援者である。歌で大衆の心を鳴らすというのが歌手としての目標だ。ハスルは今月の少女1/3メンバーとして、ユニットのアルバムのタイトル曲「今、好き」で12日、SBS「人気歌謡」を皮切りに本格的な活動に突入する。



「今月の少女1/3」ViVi 「香港でBIGBANGの映像を見てから続いているK-POPへの夢」


Loona-world-1109.jpg

 「中学生の時、BIGBANG、2NE1のミュージックビデオを初めて見た瞬間、私の夢が決まりました」

新人ガールズグループ今月の少女の初ユニット「今月の少女1/3」で活動を開始する中国系のメンバーViVi(22)の説明である。香港で生まれ育ったViViはBIGBANG、2NE1のミュージックビデオを見てダンスレッスンを受け、歌手の夢を育て始めた。香港の歌手とは異なり、ダイナミックなパフォーマンスや、楽しい音楽をするK-POP歌手になりたかった。

今月の少女の所属事務所ブロックベリークリエイティブのSNSキャスティングで選抜になり、韓国行きのチャンスをつかんだ。父は「お前にいてほしい」としたが、夢のために異国の地へ去るという娘を止めはしなかった。ViViは「韓国に来ることに私も悩みが多かったです。韓国語も分からないのに、一人でよくすることができるかどうか心配していました」とし「それでもチャンスだと思いました。韓国に来たら生活スタイルもたくさん変わるのに、そんなことに対する好奇心も生まれました」と決意を固めた背景を説明した。

韓国に来て1年余り。まだ上手ではないが、今は意思疎通が可能なほどに韓国語を習った。練習生生活をしながら孤独に涙を流す時もあった。他の練習生たちが力になってくれた。

「メンバーに抜擢されて、私は嬉しいながら緊張してなりません。期待も大きいです。」

ViViは「私を見て、人々が一緒に喜んで欲しい」と歌手としての目標を明らかにした。

ViViは今月の少女1/3メンバーとして、ユニットのアルバムのタイトル曲「今、好き」で12日、SBS「人気歌謡」を皮切りに本格的な活動に突入する。  全文 [イーデイリースター:キムウング記者] (意訳)





以上、グループ編と個人編の2回にわたって、今月の少女1/3のインタビュー記事をご紹介しました。

メンバーのコメントを読んでいて感じたのは、他の多くのガールズグループと同じように、普通にテレビに出演し、コンサートを開き、MAMAのような賞もめざしたいんだなということです。事務所側は「わかる人だけが集まる閉鎖的なグループになるだろう」的なことを言っていましたが、少なくともメンバーはそんなことは少しも思っていないように感じました^^

でも、事務所が言わんとしていることも理解できる、また、まだ10代メインのメンバーの夢もよ~くわかります。ですから今月の少女は今後、そのあたりをどう折り合いをつけていくかが難しそうです。

私としては個人的には「覆面歌王」も「食神ロード」も出してあげたい。他のガールズグループが当たり前にやっていることを当たり前にやらせてあげたい ...そんな気持ちですね。みんな普通に音楽番組で1位を獲りたいだろうし、年末の賞にも参加したいでしょう^^

ですから事務所さんにはなんとかそのへんも汲み取ってあげてほしいですね!!



… ところで、今月の少女の完全体デビューは2018年だと書いてありましたが、ブロックベリーはたしか2018年8月8日に「8X8X8」というグループもデビューさせるようなので、一年に2組もデビューすることになるんでしょうか?

それとも「8X8X8」が今月の少女の完全体なのかな…?
いや、それはないですね。「8X8X8」は別個にオーディション受付中ですからね。

色々と、謎多きブロックベリーなのでした…


*ただひとつわかっているのは、ブロックベリーはそもそも、LADIES' CODEのポラリスのレーベルが発祥だということ。だから、レディコの昨年の復帰作を全面プロデュースしたMonoTreeが、妹分にあたる今月の少女も請け負っているんだと思います。

そして、今月の少女の活動方針の背景には、もしかしたらLADIES' CODEのあの痛ましい事件も関係してるのかな?と思ったりもします。もう二度と、あのような事故を起こさないためにも、ガールズグループの運営の在り方を根本から見直そうとしているのかもしれません。あらたなビジネスモデルを模索しているのかもしれません。(ヒジンさんが“お姉さんたち”と言っているのは、多分、亡くなったリセさんとウンビさんのことだと思います)
スポンサーサイト
スポンサードリンク

 今月の少女 1/3 이달의 소녀 LOOΠΔ インタビュー Love&Live 今、好き