All About GIRLS' K-POP

ARTICLE PAGE


日テレ系水曜ドラマ「母になる」第5話で子供を突き放す冷酷な母親役を演じたのは、元ICONIQこと伊藤ゆみだった

hahaninaru-03.jpg


沢尻エリカさんが母親役として主演を務め、その息子役の関西ジャニーズJr. 道枝駿佑さんの初ドラマ出演でも話題を呼んでいる、日テレ系水曜ドラマ「母になる」を毎週欠かさず観ています。

5月10日、昨夜放送の第5話では、広(道枝駿佑) の施設の先輩にあたる田中今偉(望月歩) にスポットが当てられ、ストリートビューで探し出した実の母親を広と共に訪ねるシーンがありました。

この場面で登場した、今偉を捨てた母親の演技が素晴らしかったです。

「最低の母親でも、たったひとりの生みの親だから」と訪ねてきた今偉を、「迷惑なんだよ」と突き放し、「世の中善良な母親ばかりじゃないんだよ」と言葉を吐き捨て、男と共に車で去ってしまう母親です。


hahaninaru-01.jpg


気持ちの通った真実味のある演技で、思わず食器を拭く手をとめ、画面に見入ってしまいました。

ただ、いくら顔を見ても誰だか思い出せず、色々と女優さんを思いめぐらせましたがわからずじまい。結局、そのまま誰だか知らないままドラマは終わってしまいました。


明けて今日、芸能ニュースを見て驚きました!

母親、田中舞子を演じていたのは、元ICONIQとして知られ、現在は女優活動をしている伊藤ゆみさんだったのです。


ICONIQと言われてわからない方も、この写真を見ればピンとくるのではないでしょうか?
hahaninaru-04.jpg


伊藤さんは2010年に、「わたしが変わる」というキャッチフレーズで、アーティストICONIQとして日本で歌手活動をしていました。昨年8月に伊藤ゆみに改名し、現在はグラビアや女優業をメインとしているそうです。

伊藤さんは「初めての母親役に挑戦させていただき、とても緊張しましたが、演じさせていただく中で、様々な母の愛のカタチが存在するんだなと深く考えさせられました。とてもいい経験をさせていただきました」とコメントしました。


hahaninaru-02.jpg


冷たく息子を突き放しながらも、伊藤さん演じる母親はどこか訳アリな表情を浮かべていました。

このドラマの見どころは、広の育ての親を演じる小池栄子さんの演技にもあります。小池さんはこれまでのところまだ、そこまで大きくドラマの筋に関わっていませんが、いよいよ来週から沢尻さん夫婦や広とも密接に関わっていきそうです。

また、伊藤さん演じる母親の、何か深い理由があるような雰囲気を醸している理由も、ドラマの中で徐々に明かされていくようなので、今後の展開が注目されます。



スポンサーサイト
スポンサードリンク
Category: 芸能
Published on: Thu,  11 2017 13:34
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

伊藤ゆみ ICONIQ 母になる 小池栄子 沢尻エリカ 道枝駿佑 関西ジャニーズJr.