All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!

KARA 新メンバーオーディション ~ KARA PROJECTの真意とは?

2014
23
今日は買い物帰りにゲリラ豪雨に会い、ずっと雨宿りしている間、
仕方がないので、KARAのオーディションについて色々考えていました^^

今回のオーディションは基本的に、二コルさんとジヨンさんが
抜けた穴を埋めるものだと思っていましたが、
考えるうちに実はそうではないのではないか?と思い始めました。


少し前に私は、今回のオーデのポイントは二コルさんのラップや
タイトなボーカルをカバーできる人材の補充だと書きました。
それさえできれば、一人追加すれば十分であると…。


しかし、この動画をご覧ください。
これは今年2月にさいたまスーパーアリーナで行われたライブ映像です。
結果としてジヨンさんのラストステージとなったこのライブ。
その意味において貴重なのは言うまでもありませんが、
この映像の最大のポイントは、ハラさんの活躍なのです。






YouTube に寄せられたいくつかのコメントをご紹介しましょう。


「とても誇りだ、ハラは素晴らしい仕事をしてくれた!
KARAに新しいメンバーを追加する必要がない理由を確認!」


「私は今Jiyoungの顔を見て少し悲しいんだけど、ハラは、
このVIDで本当に素晴らしい仕事をした。
私は..私は新しいKARAが起こっていると思う。
もはやそれについて心配していないので、彼らは先に進むと、
本当に一生懸命作業していることを証明することができます。」


「ハラグーは、もちろん、それは同じではありませんが、
彼女は非常にニコールの部分をカバーした。
私は彼らが新しいメンバーを必要としないと思う理由です。KARA戦う!」




そしてこの動画のタイトルは、「KARA "STEP" GSHJ kooharap version at Saitama」
となっていて、ハラさんのラップを特に強調しています。

何度か動画を観返しましたが、ハラさんは二コルさんのラップばかりではなく、
ボーカルパートもカバーしているようですね?
すごいがんばりです。
そして私もこの動画を観る限り、3人でも十分にKARAの音楽を
成立させることは可能だと思いました。

動画の始めで見切れていますが、前の曲のMr. ではスンヨンさんが
ニコルさんのパートをカバーしているようです。



こうなると、今回の新メンバーオーディションの意味とは何か?
について、もう一度考え直さなければなりません。
どうやら、単純に二コルさんとジヨンさんの分を補填するという
ことではなさそうです。


では、一体どういう意味なのか?


ここで、KARA PROJECT のメンバー全員のティーザー動画
と2枚のポスターを観てみましょう。





baby-kara01.jpg

baby-kara02.jpg






まだ合格するかどうか、わからないメンバーたちのために
ここまで完成度の高い映像やポスターを用意するのは異例だと思います。
いくら今回のプロジェクトに力を入れているとはいえ、
これはもう、新グループのプロモーションレベルだと言えそうです。


私が思うに事務所はもう、一旦、5人の時のKARAのスタイルをリセットして、
こうした新しい風を送り込むことによって、まったく新しいKARAを
再構築しようと考えているのでは?ということなのです。

つまり、脱退者の補填という消極的な守りの姿勢ではなく、
グループとしてのKARAの再生-Rebornという、積極的な攻めの姿勢です。


ですから合格者は何人とは名言していませんし、2人どころか3人、4人、
いえ全員合格だってあり得なくはないと思うのです。
ニコルさんとジヨンさんの代わりなど見つかるはずもないですし、
もし仮に見つかったとしても、それを超えることはできない。

だったら、一度、過去のスタイルは捨てて、“新生KARA”として、
どこまで行けるのか? 何ができるのかを追求するのも
選択肢のひとつであると思うのです。


実力者を1人、2人入れて小数精鋭でいくのもひとつの道。
思い切ってメンバーを大量投入して、そこから新たな化学反応の
ようなものが起こるのを期待するのもひとつの道ということです。


あるいは、KARAには限られたメンバーを加入させて、
あとのメンバーで新グループを結成するとか、考え方は色々あると思いますが、
たとえどんな形であろうと、KARAが最高の形でパワーアップできる
ことを願うばかりです!


KARAにはSTEP,Lupin,Jumping,Mister といった、伝家の宝刀ともいうべき
絶対的な楽曲があります。
ほんとに楽曲に恵まれたグループだと思います。
これらを土台にして、また名曲を積み重ねていけばいいのです。


私は今回のプロジェクトで、KARA第3章が輝かしくスタートすると
心から期待しています^^


baby-kara03.jpg
スポンサーサイト
スポンサードリンク

0 Comments

Add your comment