All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

ポール・マッカートニー、ビートルズ来日以来、49年ぶりの武道館ライブを開催!(動画追記)

2015
29
paul-016.jpg


4月21日からJAPAN TOURを開催中のポール・マッカートニーが、
28日の昨日、ついに伝説の武道館で49年ぶりのライブを行いました!

当日の会場は筋金入りのファンが大集結!


一夜限りの夢の夜を満喫した模様です。


paul-012.jpg
paul-013.jpg
paul-014.jpg


Twitterでは作詞家の湯川れい子さん、トライセラトップスの
和田晶さんなど、有名人によるTweetも相次ぎました。


セットリストは当初予想されたような、49年前のものに沿った内容ではなく、
むしろその後のキャリアの集大成といった趣きでした。



<アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2015 4月28日@日本武道館

01.キャント・バイ・ミー・ラヴ(ビートルズ
02.セイヴ・アス(ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
03.オール・マイ・ラヴィング(ビートルズ
04.ワン・アフター・909(ビートルズ)●
05.レット・ミー・ロール・イット(ウイングス)
06.ペイパーバック・ライター(ビートルズ)★
07.マイ・ヴァレンタイン(ソロ)
08.1985年(ウイングス)
09.恋することのもどかしさ(ソロ)
10.夢の人(ビートルズ
11.アナザー・デイ(ソロ)
12.ダンス・トゥナイト(ソロ)●
13.恋を抱きしめよう(ビートルズ
14.アンド・アイ・ラヴ・ハー(ビートルズ)
15.ブラックバード(ビートルズ)
16.NEW(ソロ / 最新アルバム『NEW』より)
17.レディ・マドンナ(ビートルズ)
18.アナザー・ガール(ビートルズ)●
19.ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ(ビートルズ)●
20.ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(ビートルズ)
21.オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ビートルズ)
22.バック・イン・ザ・U.S.S.R.(ビートルズ)
23.レット・イット・ビー(ビートルズ)
24.007死ぬのは奴らだ(ウイングス)
25.ヘイ・ジュード(ビートルズ)

アンコール
26.イエスタデイ(ビートルズ)★
27.バースデイ(ビートルズ)●
28.ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド(ビートルズ)

● 今回の来日公演では初披露となった曲
★ 1966年のザ・ビートルズの日本武道館公演でも披露された曲


paul-015.jpg
paul-008.jpg



前回とダブったのは「ペイパーバック・ライター」と「イエスタデイ」の
2曲のみで、そのことが返ってポールの1966年以降の仕事の豊富さを
自ずと浮き彫りにした形になりました。

ポールの真の才能が開花したのは、むしろ1966年の来日時以降であるのが、
セットリストの圧倒的なラインナップからも明らかです。


前回の武道館公演はビートルズの赤盤の最後期にあたる時期で、
日本公演後の間もなく、ビートルズはライブを一切やめ、
スタジオ録音集団へと変貌していきました。

そして後に青盤に収められることになるその時期こそが、
ビートルズがただのアイドルではない、アーティスト集団であることを
世に知らしめた、真骨頂ともいえる時代だったのです。


paul-009.jpg
paul-010.jpg
paul-011.jpg


今回の武道館ライブでいうなら、「ヘイ・ジュード」「レット・イット・ビー」
「ゴールデン・スランバー」といったポールの頂点となる作品は、
どれも1968~1969年ごろに作曲されたものです。

こうした偉大な楽曲が後に誕生することを、1966年の来日時に、
一体誰が予想したでしょうか?


そうしたことをあわせて考えると、昨夜のセットリストはあらためて
感慨深い内容であると言えると思います。


武道館で本人によって演奏される「ゴールデン・スランバー」からのメドレー。
私も現場で聴きたかったです!!!



昨夜のライブのハイライトは、「レット・イット・ビー」の開始時に
観客のリストバンドが突如光り、それを見たポールが感極まって
歌声もうるっとしていた場面のようです。

ポールは「みんな最高だよ!」と感激をあらわにしたそうです!



日本武道館 2015-4-28 Let It Be


日本武道館 2015-4-28 Let It Be(つづき)~Live And Let Die~ Hey Jude


日本武道館 2015-4-28 OPNING - CAN'T BUY ME LOVE - SAVE US - ALL MY LOVING


日本武道館 2015-4-28 Black Bird


日本武道館 2015-4-28 Another Girl - GO TO GET TO INTO MY LIFE


日本武道館 2015-4-28 Lady Madonna


日本武道館 2015-4-28 Yesterday - Birthday


日本武道館 2015-4-28 Golden Slumbers - Carry That Weight - The End


♪And in the end the love you take. Is equal to the love you make



ポールは5/1に英国へ帰国するそうです。




動画追記

JPM日本武道館(アンコール)_2015_0428


Paul McCartney「One After 909」 28th April 2015 Nippon Budokan


Paul McCartney「Another Girl 」 28th April 2015 Nippon Budokan


Paul McCartney「Birthday」 28th April 2015 Nippon Budokan


Paul McCartney「Yesterday」 28th April 2015 Nippon Budokan




スポンサーサイト
スポンサードリンク

 ポール・マッカートニー 武道館 ビートルズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。