All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!

BABY KARA ソジンさん、歌手の夢叶わず天国へ… 実力者の早過ぎる別れ

2015
26
baby-kara61.jpg

BABY KARAのソジンさんが亡くなってしまいました。

24日、おばあさまの住むアパートの10階から飛び降りたそうです。


ソジンさんは1ヶ月前に、新グループAprilの選からもれたことを
事務所に告げられ、あわせて本人も合意の上で契約解除となり、
その後は実家に帰っていたそうです。

それが原因かどうかはわかりませんが、このところ、うつ状態だったようです。




ソジンさんは所属事務所DSPで5年の練習生生活を過ごし、
昨年行われたKARAの新メンバーを決めるオーディションKARA PROJECTでは
最年長者としてチームをまとめ、“競争より和合を選んだ”グループBABY KARAの、
中心人物としての役割を果たしていました。

また、歌、ダンス、ラップとオールラウンドにこなす実力者であり、
プロジェクトでは最終選考の4人に名を連ねました。

結果としてKARAに選ばれたのはヨンジさんでしたが、
実力的にはまったく引けをとらないものを、ソジンさんはもっていました。



KARAに選ばれるのは1人だけらしい、という話を聞いた時に、
真っ先に想起したのはソジンさんでした。

ラップも含めてニコルさんの抜けた穴を、音楽面で埋められるのは
ソジンさんしか考えられなかったからです。


ヨンジさんの加入は良しとしても、ならばソジンさんも入れて、
2人の新加入ならば、バランス的にもちょうどいいと思いました。


それをあえて外したのは、ソジンさんを新グループを引っ張る
リーダー役に据えるためだとばかり思っていました。




ですから、「新グループAprilは5人編成で、BABY KARAからは
一部しか加入しない」と聴いた時、ええ?と声に出してしまいました。

一部とするならソミンさんとチェウォンさんが有力であり、
ソジンさんが選にもれる可能性も出るからです。





… 今あえて本音を言えば、KARA PROJECTは、予想外の盛り上がりを見せた、
たまプラーザライブ及び、本国で1000人のホールを埋めたショーケース開催の時点で、
プロジェクト自体を見直すべきだったと思います。

つまり、KARAの新メンバー選びのことはひとまず脇に置き、
とりあえず7人でデビューさせるべきだったということです。

実際、当時そうしたTweetが相次いでいました。



それぐらいに、プロジェクトを通して7人の結束は固まっていたし、
バランスの良い魅力的なチームに仕上がっていたと思います。

また、番組を通して人気も知名度も高まり、絶好の下準備が整っていたとも言えます。

それをわざわざ解体して、リセットしてしまうのが、私にはどうしても解せなかったです。



もちろん、KARA本体の整備も急務でしたから、仕方がなかったとも言えますが、
そうした諸事情を超えるほどに、BABY KARAブームが
加熱していたのは、紛れもない事実です。

だのに、番組が終わると何事もなかったかのように、BABY KARA関連は一旦
すべて撤収してしまい、KARAのカムバック一色になったのも私には疑問でした。

あの祭りのようなムーブメントは一体何だったのか?

メンバーみんなの気持ちが途切れなければいいなと思っていました。



年齢的なこともあり、KARA PROJECTとBABY KARAによる新グループ構想は、
ソジンさんとしてはこれが、ラストチャンスとの思いも強かったでしょう。
ですから、1ヶ月前の最後通告では、我々の想像を絶するショックを受けたに違いありません。

ソジンさんがそのレベルの人材であれば仕方がないと納得できますが、
どう考えてもBABY KARAの中ではトップレベルの実力者でしたし、
ソジン、ソミン、チェウォンのヴォーカルトリオは、
新グループの要になるだろうと期待していました。


それがまさかこんな結末になろうとは、、、思いもしませんでした。



まだ様々な選択肢もあったろうに、それが見えなくなるほどに思いつめてしまったのは、
それほどまでに歌手としての将来に、生命をかけて臨んでいたからにほかなりません。



今さら過去のことを書いても何にもなりません。

また誰のせいでもなく、誰を責めるべきでもないのですが、
ソジンさんがどのような思いで旅立って行ったかを思うと、
どうしても一度は文章にせずにはいられませんでした。



ソジンさんは誰にも恥じることのない、立派な実力者でした。

今はただ、豊かな才能が失われたことが残念でなりません。


何も死ぬことはなかったのに…。



ソジンさんの魂がやすらかであることを心から祈っています。



fancafe-004.jpg
スポンサーサイト
スポンサードリンク

0 Comments

Add your comment