All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

AOA、東京・お台場ダイバーシティのイベントレポート

2015
19
AOA-0082.jpg


東京・お台場ダイバーシティで開催された、AOAイベント最終日に行って来ました!

私にとってAOAイベントはちょうど1年前に同じくお台場のMEGA WEBで行われた
日本デビューシングル「ミニスカート」発売記念イベント以来!!

池袋サンシャインのイベント記事を書いているうちに、何だか急に自分も行きたくなってきて、
久々に現場はどうなっているのかこの目で確認したくなってしまい、
当日の朝、思い立って急遽駆けつけました。

AOA-0084.jpg


ダイバーシティはご存知の方も多いと思いますが、大階段にステージが設けられ、
その目の前のスペースが優先エリアになっています(この日のAOAの場合)。

そして、巨大なガンダムのフィギュア周辺がけっこう広めの通路になっていて、
その向こう側が観覧無料のフリーエリアです。


私が到着した時にはすでに第一部が終了していて、第二部前の休憩時間でした。

現場に着くとまずは観客を数え始めるのがいつものクセで(笑)、
この日も早速隈なく数え始めました。

まず有料エリアは多分、300~400人ぐらい。
フリーエリアは400~500人ほどだったと思います。

そしてこれが開演と同時に増え始め、ピーク時には1200人ぐらいが取り囲んでいたと思います。
ただ、あくまで目分量なので、大体の数字です。


これを昨年のMEGA WEBと比べると、実はそれほど爆発的に人が増えた
という感じはありませんでした。

ただ、昨年の場合はGyaO!のセクシーな動画につられて訪れたという感じの、
やじ馬的な観客もいなくはないな、という印象だったのに対し、
今回はほんとにAOAが好きで、心底観たいがために訪れているファンが多いと感じました。

どこでそんなことがわかるのかと言うと、コスチュームや荷物からもわかりますが、
演奏中のリズムの取り方とか、メンバーのトークに対する反応の仕方などで
おのずと伝わってくるのです。

昨年はかけ声も疎らで統制もとれておらず、まだまだここからだな~と感じたのが、
今年はすっかりファンの体制ができあがっていて、安心して観ていられました
(って、何様?? ^^;)

オリコンで何位だとか、何千人動員したとか、そうした数字だけではなくて、
現場の熱と空気が昨年とは明らかに違うと感じました。


それはそうですよね!

あれからAOAは「Like a Cat」、「Heart Attack」と着実にヒットを重ね、
今や押しもおされぬガールズグループの地位を確立させたのですから ^^


さて、当日のセットリストはというと、私が観た第二部では、

1. Oh BOY
2. Like a Cat
3. Mini Skirt

という構成でした。


この3曲で特筆すべきは「Mini Skirt」で、最後のフェイクのチョアさんがすばらしかったです。

この部分へ来て、生歌もかなり入っているんだとよくわかりました。
CD音源とは微妙に歌い回しが違って、何より声量が増えて音圧も上がるのです。

チョアさんの場合は特にそれが顕著で、昨年のMEGA WEBでもなぜか生歌全開だった
「GET OUT」でのチョアさんのパワフルボーカルは、今も私の中の語り草になっています(笑)

チョアさんとユナさんはホントにスゴいです!!
踊りながら歌ってもほとんどブレない。

バンドだとダンスがないから尚更ですね!




... さて、唐突ですが、私が今悩んでいるのが名称のことで、
ソリョンなのかソルヒョンなのか? という問題です(笑)

巷では公にソリョンというのが一般化しているようで、
渋谷タワレコの巨大パネルにも、ご本人が「ソリョン」とカタカナで明記していました。

... だけどやっぱり「ソルヒョン」の方がズッシりくるんですよね。
日本人的な語感なのでしょうか?


それはともかく、パネルに書かれたメンバーのサインは全員しっかりと日本語で書かれていて、
さすがだな~と感心してしまいました。

4FのK-POPコーナーの奥にはSONAMOOの巨大パネルがあって、
そこに書かれたサインはみんなハングルだったことを考えると、
AOAのサインは当たり前のようでいて、実はまったく当たり前ではないことがわかります。
勉強してるんですよね。

もっとも、SONAMOOは今年デビューしたばかりで、
それと比べるのもおかしいのですが...。


AOA-0083.jpg


AOAはステージでのトークも、一年前と比べて日本語が大分上達していましたね ^^

ミナさんなどは一年前はもっとたどたどしい印象がありましたが、
今回はほとんど気になりませんでした。

ヘジョンさんや時にはチョアさんでさえ、ところどころ「あれ?」という部分もありますが、
かえってかわいらしい愛嬌にも感じられて全然OKです。

昨年から今年にかけて、AOAも日本でのイベントを何度も経験して、
おのずと身についていったのもあるんでしょうね。


次の来日は12月の初の単独コンサートの時ということで、
このままの勢いでどんどん人気を広げていってほしいです!!



AOA-0085.jpg

... それと、今回はとても印象的なことがありました。

会場を訪れていたファンの中に、車椅子で身体は動かず、呼吸装置をつけた状態で、
付き添いの方に押されて、やっと来ているという方がいらっしゃいました。

「こんな状態でもここまで来るなんて、生半可な思いではないな...」と現場で見ていたのですが、
その方とたまたま、タワレコ渋谷店1階の巨大パネルの前で再会したのです。

その方は最初、引きでパネル全体をジッと見てらしたのですが、
やがてジミンさんの前に押してもらうと、ジミンさんのパネルをずうっと見ていました。

かろうじて動く目だけでパネルを真剣に見ているその姿に、
私は強く胸を打たれました。

この方の日々の暮らしや思いは、私などには到底うかがい知ることもできませんが、
ただひとつ伝わってきたのは、この方がどれほど毎日の生活の中で
AOAを支えとし、生きる力にしているかということです。

だからこそ、大変な思いをしても現場に駆けつけ、パネルも見に来ないわけにはいかないのです。

この日のことがその方にとって、これからの生きる支えになっていくのだろうな...
また、これほどまでに誰かに力を与えられるAOA、そして音楽やエンタメの力ってすごいな...
という思いをかみしめながら、私はタワレコをあとにしました。


スポンサーサイト
スポンサードリンク

 AOA お台場 イベント ダイバーシティ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。