All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

Lovelyz、マイケル・ジャクソンの"Beat It"をア・カペラコーラスで歌う

2015
01
lovelyz-080.jpg


音楽は難しいもので、例えば最強奏を望まれるような場面でも、
メンバー全員がやたらと大きな音を出したのでは纏まらなくなります。

メンバーは常に他のメンバーの音に気をつけ、
全体としてのアンサンブルのバランスを考えながら
自分に求められる音や、その強さを調整しなければなりません。

合唱でもオーケストラでも、優れたグループはこの感覚に長けています。

また、メンバーの音色の統一も大事で、よいアンサンブルを生み出すには、
相性のいいサウンド、響きというものを考えなければなりません。

名門ウィーンフィルはオーケストラとしてのサウンド、統一感を保つため、
楽器は楽団単位で揃え、個人の持込みを禁じています。
そうしてあの芳醇な響きは保たれているのです。


10月30日に放送された「ユ・ヒヨルのスケッチブック」にはLovelyzが出演しました。
放送では活動曲の"Ah-Choo"に加え、先輩S.E.SのRelay(2002)のカバー、そしてなんと
あのマイケル・ジャクソンの"Beat It"を完全ア・カペラで披露しました。


Beat It - Lovelyz
lovelyz-076.jpg

lovelyz-077.jpg

lovelyz-078.jpg

lovelyz-079.jpg

lovelyz-080.jpg

リードをとるKeiさんとスジョンさん。
S.E.Sも含め今回はKeiさんの活躍が目立ちました。
lovelyz-081.jpg

lovelyz-082.jpg

意思の疎通を図るメンバーたち
lovelyz-083.jpg

バッキングは出過ぎてはならず、主旋律を立てる絶妙な加減が要求されます。
lovelyz-084.jpg

その土台の上でメインボーカルは力を発揮することができるのです。
lovelyz-085.jpg

lovelyz-086.jpg

lovelyz-087.jpg

清純系のアイドルとしての面ばかりが見られがちですが、
実はボーカルアンサンブルはしっかりしています。
そして声の質にも統一感があります。
lovelyz-088.jpg




S.E.S / Relay - Lovelyz (本日のお薦め!!)
lovelyz-057.jpg

ここでもメインボーカルはKeiさんが担当。
lovelyz-058.jpg

lovelyz-059.jpg

lovelyz-060.jpg

Lovelyzの中では声の響きがいいと思います ^^
lovelyz-061.jpg

lovelyz-062.jpg

lovelyz-063.jpg

lovelyz-064.jpg

lovelyz-065.jpg

lovelyz-066.jpg

lovelyz-067.jpg

lovelyz-068.jpg

lovelyz-069.jpg

このあたりからのかけ合いも聴き応えありです!
lovelyz-070.jpg

lovelyz-071.jpg

lovelyz-072.jpg

lovelyz-073.jpg

lovelyz-074.jpg

lovelyz-075.jpg

S.E.S / Relay - Lovelyz
https://www.youtube.com/watch?v=AE5aEiQ6ul8



Ah-Choo - Lovelyz

この曲は短調に変わるDメロ部分が好きです。
そして、Keiさんのソロが終わってからの余韻。
lovelyz-050.jpg

大抵の音楽番組はここで、引きで全体を映す画になってしまい、
Keiさんの細かな表情が見えなくなってしまいます。。
lovelyz-051.jpg

スケッチブックはきちんと最後まで追ってくれました ^^
lovelyz-052.jpg

この表情が大事なのです!!
lovelyz-053.jpg

lovelyz-054.jpg

lovelyz-055.jpg

lovelyz-056.jpg

Ah-Choo - Lovelyz
https://www.youtube.com/watch?v=1Bn37FbYnf0


ユ・ヒヨルのスケッチブック」は腰を据えて音楽が楽しめるのでとても好きです。
今後もこういういい企画をたくさんやっていただきたいです!!


スポンサーサイト
スポンサードリンク

 Lovelyz Kei スジョン ユ・ヒヨルのスケッチブック S.E.S Beat It Ah-Choo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。