All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

KARA ハラ、日本ツアーのソロで見せた進化した歌声

2014
18
20141118-01.jpg


今、KARAの3度目の日本ツアーで大変なことが起こっています。

メンバーのハラさんが歌う、絢香さんのバラード「みんな空の下」が
とても感動的なのです。


ハラさんといえば、長らくK-POPで最も歌の下手なアイドルという
汚名をきせられていました。

たしかにファンと言えどもその歌声は決して褒められたものではなく、
まあご愛嬌といったニュアンスの強いものでした。


それがどうでしょうか?


大観衆を前にあの壮大なバラードを伴奏なしのアカペラで、
臆することなく堂々と歌い上げているではありませんか。

それもあたかも大物歌手であるかのように、
1フレーズずつ区切ってたっぷりと間を空けながら、
自分のフィーリングのテンポで歌っているのです。


途中、ファンが「ハラちゃーん」と叫ぶと、
「私、今歌ってますよ?」とジョークでたし舐める余裕っぷり。



その後は、ピアノとギターのアコースティックな演奏をバックに、
さらに力のこもった張りのある声で歌い上げていました。


一体、ハラさんに何があったのでしょうか?



ここで私が思ったこと。

やっぱり、ニコルさんとジヨンさんが拔けるという緊急事態に、
ハラさんとしては、これ以上ないほど、自分がやらなければ
ならないことを考えたのではないでしょうか?

ギュリさんスンヨンさんの足を引っ張らずに、抜けた
二人のいない空白を埋めつつ、尚、新メンバーの
ヨンジさんにも負けないようにと、
通常ではない秘めた力が発揮されたのではないでしょうか?


それほどに自身として思いに期するところがあり、
覚悟が決まったのだと思います。

見えないところで努力もしたのでしょう。


それにしても、デビュー時に「Rock U」をためらいがちに
歌っていた少女が、ここまで成長できるのだということに
驚きもし、また心動かされました。

https://soundcloud.com/eliza-hara/karasia-in-osaka-2014-hara-solo



ツアーはいよいよ今日18日と明日19日の
横浜アリーナ2Daysを残すのみです。


昨日BSでKARA自身が「来てください!」とPRしていたから、
当日でもまだ券はあるのかもしれませんね。


19日は奇しくもニコルさんのソロデビュー日です。
偶然なのか運命なのか、わざとあわせたのか?

KARAとかつてのメンバーふたりに注目です。





… ジヨンさんの写真集出版記念サイン会は、1300人のファンが集まる大盛況でした。

当初の1000人分はすぐに売り切れてしまったため、
自身の意向で300人分が追加されたようです。

20141114-02.jpg


ひとりで1300人という数字はかなりのものです。
トップクラスのスターでも、1000人いくかどうかが相場です。

あらためて、ジヨンさんの人気ぶりを再認識しました。

もしかしたらKARAとは別に、ドラマなどで知った新規のファンも多いのかもしれませんね?



ジヨンさんは囲み取材で、今後の歌手活動について、否定も肯定もしていませんでしたね。
今は女優に専念だけれど、いつか機会があれば… みたいな感じにも受け取れました。

ジヨンさんの声は癒し系で他にはないので、ぜひまた歌も聴かせてほしいですね^^


いつの日か、また5人のKARAが顔をあわせる、なんていうことはないのでしょうか?


そして、私としては、また94line の5人が同じステージに立つのも見てみたいです。

ジヨンさんを中心に、日本で活動してくれないかなぁ?^^

20141118-02.jpg
20141118-03.jpg
スポンサーサイト
スポンサードリンク

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。