All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

Lovelyz、幻想的なプロローグフィルムを公開 ...間違いない王道コンセプト

2016
19
lovelyz-323.jpg


Lovelyzカムバックのティザーが素晴らしいです。

TWICEと同日の25日のカムバックが予告されているLovelyz
現在、その日に向けてティザー公開中ですが、
昨日公開のプロローグフィルムfullは、幻想的で美しい内容でした。


lovelyz-324.jpg


映像は少し不健康なほどに儚げで、前作のピーカンな元気ソングとは
打って変わった、夢の世界へ引き込まれるような雰囲気。

そしてなんと言っても、エフェクトのかかったジエさんのボーカルから、
それを外してクリアになったKeiさんのボーカルへの流れは秀逸。

Lovelyzはこうでなくては!」

と思わずうなずかされる納得のサウンドになっています。





短調を軸とした古き良き時代のフレンチポップスを思わせるワルツが心地よく、
Lovelyzでなければ表現できない少女のあやうさが描かれています。

そう、Lovelyzには短調が似合うのです。
短調と言ってもこれ見よがしのわかりやすい短調ではなく、
オブラートに包んだ間接的な短調です。

プロデューサーのユンサン氏はそれを見抜いている人なのです。

「Hi~」も「Ah-Choo」も、表向きにトニックの調性は長調でも、
音楽的な中身の実体は短調でした。


今作もユンサン氏率いるONE PIECEであってほしいですが、果たしてどうでしょうか?
ですが、ティザーを聴く限り、音楽としてはこれまでのLovelyzのいい部分を踏襲しており、
その意味で今度のカムバックにはかなり期待せざるを得ません。


TWICEにもLovelyzにも、それぞれにしかできない、それぞれの王道を行ってほしいです!!!


lovelyz-322.jpg


スポンサーサイト
スポンサードリンク

 Lovelyz A New Trilogy カムバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。