All About GIRLS' K-POP

TWICE/BLACKPINK/RED VELVET/GFRIEND/MAMAMOO/WJSN/PRISTIN/OH MY GIRL/LOVELYZ/DIA and more!!

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

Lovelyz、カムバックの新曲「Destiny」を読み解く鍵は"枯葉進行" [追記]

2016
25
lovelyz-335.jpg


かつてない新路線を打ち出したLovelyz
....................................................................................................................................................

Lovelyzの待望の新曲Destiny」が25日0:00に公開されました。

いくつかの予告映像からも予想されたように、
それはLovelyzの翳りの部分が強調された短調の楽曲でした。

作曲は「Hi~」や「Ah-Choo」と同じく、ユン・サン氏率いるOnePiece。
これら2曲では彼女たちの快活な部分もミックスされていましたが、
今回は完全に振り切った短調の切ない系です。


lovelyz-325.jpg

lovelyz-326.jpg

lovelyz-327.jpg

lovelyz-328.jpg

lovelyz-329.jpg


今作はLovelyzの新3部作の皮切りとなるアルバムタイトル曲です。
Destiny」に象徴されるようにアルバムは全体に短調のトーンが色濃く、
過去の作品とは明らかに違う、より内省的な傾向が感じられます。

新3部作はこうしたLovelyzの翳りの部分も強調された、
陰影の奥行きがある作品群になることが予想されます。


lovelyz-330.jpg

lovelyz-331.jpg

lovelyz-332.jpg

lovelyz-333.jpg

lovelyz-334.jpg




新曲Destiny」は70's~80'sの日本のアイドル歌謡
...........................................................................................................................................................................................

今回の「Destiny」。
一聴して何かを感じた方も多いのではないかと思います。

そう、音楽に漂うムードは70's~80'sにかけての、日本のアイドル歌謡です。
ユン・サン氏は90年代初頭に、韓国で初めてカン・スジさんなどの、
アイドル歌手をプロデュースしたことでも知られています。

それにあたっておそらく、当時の日本のアイドルポップスも
かなり研究したのではないかと思われます。
「Hi~」や「Ah-Choo」には、80年代J-POPの要素が詰まっていました。


Destiny」ではそれをさらに一歩進めて、アイドルポップスから、
アイドル歌謡の域にまで踏み込んでいます。

わかりやすい例で言うと、80年代前半にヒットした、中森明菜さんの「セカンドラブ」などが、
Destiny」のサビと同じコード進行を持っています。




中森明菜さんに限らず、郷ひろみさんや菊池桃子さんなど、
多くの歌手たちに歌われたコード進行です。

ですから、当時に青春時代を過ごした方には、
今回のLovelyz新曲は、郷愁を掻き立てられる
たまらないものがあると思います ^^



新曲「Destiny」を読み解く鍵はシャンソンの名曲「枯葉(Autumn Leaves)」?
............................................................................................................................................................................

「Destiny」のサビや中森明菜さんの楽曲で使われるコード進行は、
別名「枯葉進行」とも呼ばれ、短調のポップスではよく見られる定番の進行です。

lovelyz-338.jpg


「枯葉(Autumn Leaves)」はシャンソンのオールドスタンダードで、
マイルスデイビスを始め、多くのJAZZメンたちも取り上げる名曲です。

「枯葉進行」はこの曲のAメロのコード進行を指します。






「枯葉」というぐらいですから、このコード進行を取り入れた曲は、
やはり物悲しく寂しげな内容が多いです。
恋愛ものだと片思いや失恋など... 。


ちなみに、Lovelyzの新アルバム「A New Trilogy」のラストを飾るワルツは、
Keiさんが歌うサビの部分がまさに「枯葉進行」です。


アルバムでは私はこの曲が一番好きです。
ただ、作曲はOnePieceではないようですね...。




Lovelyzの短調路線は昨年暮れの「シュガーマン」に伏線があった?
...............................................................................................................................................................

lovelyz-339.jpg


今回はLovelyzとTwiceの同日カムバックが話題になっていますが、
実はこの2組、昨年末にJTBCで放送された「シュガーマン」でも対決しています。

どちらもかつてのヒット歌謡曲をリメイクしていますが、
ここでLovelyzがカバーした「リップスティック濃く塗って」のリメイク版にも
「枯葉進行」が登場します。


「♪Na NaNaNa NaNa」の部分です。


アレンジはKARAの盟友Sweetune。(Twiceは勇敢な兄弟がプロデュース)
「枯葉進行」の部分も含め、大サビなど原曲にはない部分が追加されています。

私はこのリメイクを聴いた時、「Lovelyz、短調もアリだな~」と思いました。
おそらくSweetune(ハン・ジェホ)もユンサン氏も、
Lovelyzからそういう要素を感じ取っているのだと思います。

Lovelyzの「リップスティック濃く塗って」は、今回のアルバムにムードが通じるので、
私は好んであわせて聴いています ^^


アメリカンチアガールのような明るいTwiceの新曲と、秋の枯葉のように哀愁漂うLovelyz。
両者のカラーの違いがハッキリ出た今回のカムバックは、
それぞれにしか出せない魅力に満ちていて、どちらも私は好きです。


Lovelyzのカムバックショーケースは25日今夜7:00からVアプリで生中継です。
lovelyz-340.jpg

http://www.vlive.tv/video/7362


lovelyz-336.jpg

lovelyz-337.jpg



[追記]

19:00からのショーケースに先立ち、マスコミ向けのショーケースが行われました。





スポンサーサイト
スポンサードリンク

 Lovelyz カムバック Destiny J-POP アイドル 新曲 Kei アルバム タイトル曲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。